読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向日葵

毎日の出来事。そして、嘔吐恐怖症とどうしたら付き合っていけるか考え中です。

暗闇の中でも


こんばんは。

私の住む場所は曇りがちでしたが雨は降らなかったと思います。


彼は朝
   どうしようもなく不安になる時がある
   僕は彼の不安がやわらぐよう願う

   彼は昼
   どうしようもなく涙が出てくる時があ     る
   僕は彼の涙がかわいていくよう願う

   僕はせいいっぱい光りたいと願う

   彼は夜
   空を見上げた」

太陽と心の中

こんにちは。

私の住む場所は少し曇っていて少し雨が降りました。


昨日は更新できず、もし心配してくださった方がいたらすみません。

今日はのぼったばかりの太陽を車の中からでしたがみました。
暗かった空が少しずつ少しずつ明るくなって日の出前と、日の出のあとってこんなにも違う印象なんだ!って驚きました。

近頃微熱が続いていて、倦怠感や息苦しさが時々あります。
明日、漢方薬をもらうため内科に行ってみようと思っています。

自己診断は危険かもしれないけれど、たぶん自律神経が乱れているのだと思います。

寒くなるにつれ、嘔吐恐怖症(胃腸の風邪などが流行りやすい時期という気持ち)のことを考えることが増えたり、マイナスな方へ考えが向かってしまうことが増えたりしています。

ストレスを溜めない!って意気込むのもストレスになりそうだけど…
なるべくストレスを溜めないように過ごせたらいいなって思います。

焦ったり、困ったりするけれど一人ではないと忘れずにいたいです。

幸せって感じる

こんにちは。

 私の住む場所は青空が広がっていました。


  今、心が疲れているのか落ち込んでいるのか…なんだか元気が出ません。  


でも、幸せって感じられることがあったと思い出しました。  

日の出前の空を見ることができたこと。

 ご飯を美味しく食べられたこと。 

久しぶりに散歩に出られたこと。 

上を見上げたらススキが、足もとにはたんぽぽがあったこと。 


 無理矢理、幸せを感じることは難しいかもしれないけれど…いつか友達の一人が言ってくれたみたいに小さな幸せみつけていきたいです。

詩を書いてみました

こんばんは。

私の住む場所は少し曇りがちですが今日も綺麗な月を見ることができました。



彼女は夜が好きだ
昼間より少しだけ澄んでいるように感じる空気が
なんとなく懐かしくなるようなにおいが

彼女は夜に走る
街灯に照らされた淡い桜のピンクの下を
昼間の熱気が残ったまだほんのり明るい青の下を
まん丸の月が優しく照らす黄の下を
寒い空から舞い落ちる白の下を

彼女は思いを馳せる
夜が好きな友のことに
隣を走っていたことに
病室のベッドの上に

彼女は願う
友の笑顔
また一緒に走れること』

心と体

こんばんは。

ふと、トイレに行きたくて目が覚めました。夜中に失礼します。
私の住む場所は昨日雨が降っていました。
でも月が綺麗だよと家族が教えてくれて、雲のきれまに月をみることができました。

{93A12BC4-4656-4FD9-A525-AD19FFBB50D6}

今日の天気はどうかなって思っています。


ブログの更新が昨日できませんでした…
なんとなく気分が塞いで、それに加えて眠気と体の重さと息苦しさがあった為です。
主治医の先生にも相談していて自律神経が乱れているのだろうとのことです。

もしも心配してくださった方がいたら…本当にすみません。
でも、本当にありがとうございます。

肩に何かが多いかぶさっている感じが時々あらわれます。
気分の重さと関係しているかもしれないと教えて頂きました。

心と体って繋がっているとよくききます。どんな風に過ごしたら、少しでも心と体が楽になるか探していきたいです。

講習会と眠気

こんばんは。

私が住む場所は、晴れていました。

今日は隣の町まで『家庭介護介助者養成講座』という講習会に母と叔母と一緒に行ってきました。

その中で強く印象に残っているのは、コミュニケーションをとり意思疎通をすることの大切さです。
傾聴という言葉などは知っていましたが、自分は誤った認識をしていたことが多々あったんだって思いました。

そして、個人差があること決めつけないこと…という大切なことをしっかり胸に刻んでおきたいとも思いました。


この数日間昼間に強い眠気があります。
薬の影響なのか、疲れなのか…
夜にしっかり眠れたらいいなって思います。

涙の花

こんばんは。

私の住む場所は晴れていました。

今日は、(卒業した)高校の演劇部の校内発表でした。
行けないはずだったのですが行けるようになったため、家族と二人で行ってきました。

先日リハーサルをみせてもらったのに、今日も涙をこらえることができませんでした。
自分のことよりも、大切な大切な誰かのことを思う気持ちが何度みても心をうつ演劇です。

劇のタイトルは、花の名前でした。
その花は雨に濡れると透明に透き通るそうです。